訃報 ミホノブルボン 思い出の競馬人生元年

こんばんは

ロンリーロードが、競馬観戦を始めた思い出の年の2冠馬、

ミホノブルボンが亡くなりました。28歳でした。

(故)戸山調教師の「馬は鍛えれば強くなる」のもと、

栗東坂路調教で鍛え上げたそのトモの筋肉は凄かった。

無敗で、朝日杯、スプリングSを勝ち、皐月賞、ダービーを逃げ切り勝ち。

今、思えば逃げてるというよりエンジンが違ったんでしょう。

憎たらしいくらい強かった。


特に思い出深いのはダービー。

ロンリーロードは、ミホノブルボンの連は外さないと確信。

相手1番手にゼダーン - Grey Sovereign 系のスタミナ型を父に持つ、

5人気 マヤノペトリュースとの馬連をなけなしの手持ちでけっこう買ってた。

結果は、ミホノブルボン:1着、ライスシャワー:2着でペトリュースくんは、ハナ差の3着。

これには、相当凹んだ・・・


その後、ミホノブルボンは、菊花賞トライアルの2400m京都新聞杯を完勝。

当時、血統的にもたないと言われた、淀3000m菊花賞でもいつもどおりの逃げでレースをつくり、

このレースののち、マーク屋の異名を与えられるライスシャワーに

1.1/4差離された2着で3冠を逃がします。


その後は、脚部不安でターフにその勇姿を見せることなく引退しました。

ロンリーロードにとっても、歴代最強逃げ馬の1頭。ミホブー。

ご冥福をお祈りします。


ミホノブルボン_口取り



応援クリックして頂けると励みになります。
    

一口馬主 ブログランキングへ

関連記事

4 Comments

ロンリーロード  

Re: No title

レプティリアさん、こんにちは

コメントみて、うるっときました。
天国で、天皇賞(春)やJCを競ってるとこ見てみたいですね。

馬への思い入れは、人それぞれなんですけど、モーリスやビッグアーサー、ゴールドアクターなど非社台系の牧場出身やメイセイオペラのような地方出身馬の大舞台での活躍をまたみたいですね。

2017/02/27 (Mon) 16:44 | REPLY |   

ロンリーロード  

Re: No title

まささん、こんにちは

ミホブーに会いにいったんですね。羨ましいですね。

地方に引っ越してより思うのですが、当時からもっと、名馬のターフでの勇姿を生で観戦しておけば良かったと後悔してます。

時の経つのも早いもので、生きているうちに会っておきたいですね。
ビワハヤヒデはまだ健在のようですね。

2017/02/27 (Mon) 16:18 | REPLY |   

レプティリア  

No title

ロンリーロードさん、こんにちは^^

ブルボン亡くなりましたね…( ゚Д゚)
僕はまだ競馬を始める前だったので、知ったのは後追いで名馬物語とかだったと思いますが、興奮しましたね(*^-^*)
今ではそんなタイプの馬はいませんので、あの時代はホントに個性的な馬が多かったなぁとしみじみ思います(*´з`)
主戦の小島貞博師も亡くなりましたし、天国で再びコンビを組んでもらいたいですね(^^)/

2017/02/26 (Sun) 10:50 | REPLY |   

まささん  

No title

こんばんは。

ミホノブルボン。
私も大好きなお馬さんでした。
1ハロン~ゴールまで一定して早いラップを刻んで逃げ切るスタイルの競馬だったと思います。戸山先生の坂路スパルタ調教により、エンジンと心肺機能がとても優れたお馬さんだったと思います。
私は、一昨年の夏、スマイルファームさんでブルボンに会ったのが最後となりました。
天国で、戸山先生・小島騎手・ライスシャワー等と再会しているんでしょうか。
ご冥福をお祈り申し上げます。

2017/02/25 (Sat) 22:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment