FC2ブログ

馬体論の先生 

一口馬主ブロガー内で、ざわざわしてました

有名ブロガーさんの件、ロンリーロードはというと、

スケール感(出資額)が同じぐらいの人だったり、

同じ出資馬がいるブログを徘徊するようにしてるので、

何の事?って、独り蚊帳の外でした。


調べて見ると、皆さんのそれぞれの意見にも

同調できるとこもありました。


一口馬主もそれぞれでスケールも違うのであれですけど

個人馬主クラスの資金のある方が、クラブの馬に出資しているという事は

募集方法やらその他色々と大口主の意見が影響するだろうという事ですね。

クラブは困るでしょうけど、個人馬主資格がある人には

一口クラブへの出資には、制限をかけてもいいと思います。

あと、騎手関係の出資もどうかと思っています。


まあ、前から何度も書いてますけど、

シルクRの募集方法には問題があると思ってるので

そこが改善されない限り、私はシルクRへはメインで資金を注入しません。



そんな最中、一口馬主のブログを見始めた頃からの

私の中で、馬体論の師匠ともいえる、「ターフの風に吹かれて」さんは

今年の3才出資馬はたったの1頭でしたが、

そのたった1頭の出資馬、キャロットのレイデオロがダービーを制覇しました。


「ターフの風に吹かれて」さん、おめでとうございます。

今後も参考にさせて頂きますので、ちょくちょく更新して下さいね。


改めて馬体論を見直してみると、

ロンリーロードはしっかりと理解していない事がわかり、

自身の過去の出資馬の募集写真を見直してみると

そりゃ、走らんわなぁという感じでした(故障馬は別にして)


後ほど、改めて各クラブの今年の2才馬を、

馬体論のみで選考しなおしてみようと思います。




応援クリックして頂けると励みになります。
    

一口馬主 ブログランキングへ


関連記事

0 Comments

Post a comment