FC2ブログ

シルクR 人の言う事を聞かない頑固親父 ステイオンザトップ

函館の1200mに臨んだ、ステイオンザトップですが、

レース結果は5着

1200mのスピードについていけない( ← 分かってます)、

しかも、かかる( ← しょうがない)、

ステイオンザトップくんは頑張ってる。


実は、遺伝子検査で短距離型と出ていればしょうがないとも思いますが、

出資者にはそんなこと、知らされていないのです。

それとも師の単なる活躍馬の姉への執着? 
(全然、配合違いますけど・・・)


騎乗した騎手が、短距離の方がいいと提案した人はいません。
(*若造の松若JKは1600mぐらいがと進言しましたが・・・)


騎手の言う事を参考にしない頑固親父に

ステイオンザトップの競馬人生を潰されかねない・・・


シルクさん、先生、逆転の発想で

7/15 3歳未勝利 2,600 (芝) 使ってみませんか? (笑)



函館 1200m(良) 未勝利:上がり2位 34.7 0.1差 5着
京都 1400m(重) 未勝利:上がり最速 34.3 0.6差 6着
阪神 1600m(重) 未勝利:上がり5位 36.0 0.5差 7着
中京 2000m(良) 未勝利:上がり2位タイ 34.3 0.5差 5着
京都 1800m(良) 新馬戦:上がり最速  34.3 0.2差 3着

*どう見ても「上り坂」か「重」が苦手そうなだけで、中距離の方が切れて上がってる(笑)
ディープ産駒じゃないんだから、33秒の脚をSpeed持続型が多いステゴ産駒に期待するのが酷。





<レース結果コメント>
 7/2(日)函館3R 3歳未勝利〔芝1,200m・16頭〕5着[4人気]

互角のスタートでしたが二の脚が付かず、後方を追走します。道中やや折り合いを欠く面が見られ、直線で馬群の外に出して追われましたが、ジリジリとしか伸びず5着入線しています。

C.ルメール騎手「ゲートは普通に出ているのですが、スピードの乗りが悪くて位置取りが後ろになってしまいました。ペースが落ち着いたところで今度は掛かって頭を上げてしまいました。追ってからの反応も今ひとつでしたし、もう少し距離があった方が良いポジションでスムーズに競馬ができると思います」

須貝尚介調教師「掛かって行く割にはスッと動けないところがあり、そのためにテンに置かれ気味になってしまいますね。姉のローブティサージュのように、1,200mの距離が上手く嵌ってくれないかと思って使ってみましたが、ルメール騎手の話ではもう少し距離があった方がいいと言っていました。ただ、1,800mだと少し距離が長い気がするので、次走は札幌開催の1,500mを試してみようと思います。厩舎に戻って状態を確認してから検討しようと思いますが、1,2週間ほどノーザンファーム空港に放牧へ出して体調を整えてもらい、優先出走権が残っている、7月30日の札幌の芝1,500mを候補と考えています」



<レース結果コメント>
 5/14日(日)京都4R 3歳未勝利〔芝1,400m・18頭〕6着[3人気]

まずまずのスタートを決めると、道中は控えて後方2番手を追走、馬場に脚を取られたために流れに乗り切れませんでしたが、勝負どころから徐々に進出を開始し、直線に入って懸命に追い出しに掛かると、上がり最速の脚を使ったものの上位馬に詰め寄ることができず、6着でゴールしています。

松若風馬騎手「返し馬を終えて待機所で待っていると、トモの蹄鉄が両方とも外れかけていたので、装蹄し直してもらいました。それでテンションが上がることはありませんでしたし、落ち着きを保っていました。ゲートから気合いを付けて出して行くと、ハミを噛んで折り合いを欠いてしまうと聞いていましたので、前半はじっくり脚を溜めながら追走していきました。もう少し中団あたりで競馬をするつもりでしたが、馬場を気にして走っていたために、なかなか進んでいきませんでした。勝負どころから仕掛けて行くと反応して上がってくれましたし、最後の直線も良い脚を使ってくれましたが、前半のロスが最後に響いてしまった感じです。折り合いを欠くような感じではありませんでしたし、パンパンの馬場で1,600mぐらいがこの馬に合っていると思います。

須貝尚介調教師「前走で今回のようなレースができれば良かったですね。結果を出すことはできませんでしたが、騎乗に関しては言うことないぐらい上手く乗ってくれましたし、今回は重馬場に尽きると思います。レース前に打ち直した蹄鉄が、レース中にまた両方とも外れていたようですが、それで上がり最速の脚を使ってくるのですから、馬場が良ければ十分勝ち負けしていたと思います。敗因はハッキリしていますし、パンパンの馬場ならすぐ勝ち負けしてくれると思うので、優先出走権を獲ることができませんでしたが、レース後の状態に変わりがないようであれば、このまま厩舎で調整して続戦させたいと考えています」



<レース結果コメント>
 4/9(日)阪神4R 3歳未勝利〔芝1,600m・18頭〕7着[2人気]

煽り気味のスタートから促していくとハミを噛んでしまったために、宥めながら折り合いを付けていきます。直線に入り、外へ出して追い出しにかかりましたが、前半折り合いを欠いたことで、ジリジリとしか脚を伸ばせず、7着でゴールしています。

福永祐一騎手「返し馬はとてもいいリズムで行えたので、そこまで折り合いを欠くことはないと思っていました。ゲート内で少し煩いところを見せていたために、頭を横に向けていた分、モッサリと出たので、勝ち馬の後ろに付けて行くために少し促していくと、そこからガツンとハミを噛んでしまいました。前の馬に乗り掛かろうとするぐらいの勢いだったので、何とか宥めながら追走していきました。勝負どころで外に出して追い出しにかかると、一瞬は反応してくれましたが、前半折り合いを欠いたことで、ジリジリとしか脚を伸ばしてくれませんでした。結果的にテンに置かれても、馬のリズムを大事に追走していく方が末脚を活かせていたのかもしれません。上手く騎乗することができず申し訳ありませんでした」



<レース結果コメント>
 12/4日(日)中京4R 2歳未勝利〔芝2,000m・12頭〕5着[1人気]

やや遅れ気味にスタートを切ると、道中は最後方からの追走、向正面で徐々に外からポジションを押し上げて行き、直線追い出されますが思ったような伸びが見られず、5着でゴールしています。

M.デムーロ騎手「まだ子供ですね。今日はメンコをしていたから前走よりいくらかマシでしたけど、それでもゲート内で集中していないし、スタートを出て行きませんでした。押して出して行くと掛かってしまうので、横の馬が上がって行くのを利用して一緒にポジションを押し上げていきたかったのですが、その馬も難しい馬で抑えてしまったから後ろからの競馬になってしまいました。ペースが遅かったので向正面から徐々に上がって行き、直線追い出したのですが、追ってからフラフラするところがありましたし、まだ全く本気で走っていませんね。走れる能力はある馬なので、精神的に成長してきて欲しいところですね」

須貝尚介調教師「全然、集中して走れていませんね。調教ではそんなことないのですが、レースに行くとヤンチャな面が出てしまいます。前半は少し口向きの悪いところを見せていたものの、集中して走れれば距離はこれくらいでも問題なくこなせるはずですし、今日は能力的な部分よりも気の問題が大きかったと思います。権利は取ってくれましたが、このまま続けて使っても同じことの繰り返しになってしまいそうですし、一旦放牧に出して精神面の成長を促して行った方が良いと思います」



<レース結果コメント>
11/13(日)京都5R メイクデビュー京都 〔芝1,800m・17頭〕3着[2人気]

まずまずのスタートでしたが、前半は折り合いをつけながら14番手あたりを追走、3コーナーで外に膨れ気味になり、4コーナーでは内外にモタれるなど、気の幼さを見せましたが、追い出しにかかるとしっかり末脚を伸ばして3着でゴールしました。

M・デムーロ騎手「返し馬の段階から幼い面を見せていたのでゆったり行きました。ゲートを出て促していくとグッとハミを取って折り合いを欠くところを見せてしまったものの、すぐに収まってくれました。このまま脚を溜めていこうと思っていましたが、3コーナー手前で急に外側へ逃避しそうになりましたし、4コーナーを回る時も外側にモタれたので立て直そうとすると、急に内側にモタれたりと、若い頃のオルフェーヴルみたいにとにかくやりたい放題でした。直線に入って追い出しにかかるとしっかり末脚を伸ばしてくれましたから、気持ちが走る方に集中すればもっと瞬発力を活かせると思うので、経験を積んで行けば大丈夫だと思いますよ。追い切りの時から素質の高い馬だと思っていましたから、何とか勝たせてあげたかっただけに残念でした」








応援クリックして頂けると励みになります。
    

一口馬主 ブログランキングへ


関連記事

0 Comments

Post a comment