FC2ブログ

シルク好きな人は閲覧注意 (2018 シルク募集馬 中間報告 1回目&雑感)

だいたい選定を終えまして、2018 シルク 募集馬の申込馬、さてどうするか?
募集馬検討会は見るとして(多分)l、誰も私の申込馬を参照する人はいないと思いますが(苦笑)、最終日に申込む予定です。


先ほどシルクHPを開いたら、中間報告出てますね。会員の様子見(私も含め)の凄いんじゃないでしょうか? 私にとって今年の抽選結果は正念場。2年連続で1次抽選で全外れしましたので「僕にも意地はある」と、現2歳にはあえて出資しませんでした。因みに1次全外れしても取れた馬で、例年通りに残り物に行ってみようかなと思った馬は、

プラムストーン(ディフィカルト'16)
ファイアーボーラー(ユメノハコブネ'16)
フロントライン(コールドフロント'16)
パイロテクニクス(ショウナンハトバ'16)
カムアップロージズ(アグネスターフ'16)

こうやって並べてみると、ダート短距離を主戦とするクラブ、ノルマンディーの募集馬レベルの馬ばかり? 今年、全外れしたら、私はヴェロニカグレースとともに「♪シルクからの卒業〜ぅ」かな(笑)




20180726 シルク申込中間報告




なるほど、前年比30%の申込数でこれってことはある種、会員同士の駆け引き感が強いかなと。今はアイムユアーズに「抽優馬」入れておいて、直前で本当に欲しい(もしくは取れそうな馬に抽優馬を変更する)。裏の裏をかく人は「変更するぞ、変更するぞ」と思わせて、アイムユアーズに「抽優馬」を使うとか(笑)。いづれにしても既にアイムユアーズの場合、一般申込分の死に票が360超。この中間報告を見て新規会員分以外は申込み総数は伸びないでしょう。「抽選枠会員」に希望馬が取れるよと思わせぶりなそぶりのパンフレットでしたが、結果あまり何も変わらないという「抽優馬」といういい加減な制度(票の分散はする)を施行したのは、シルクらしさ満載といったところ。キャロットでは既存会員でも「最優先」変更はできないらしいですし。で、来年になったら「 × 差し上げます」みたいなこと言いだしそう(笑)。要は、仮に8頭ぐらいの希望馬を申し込んで、抽選で2〜4頭も当たる人もいれば、全外れの人がいる事こそが、同じクラブ会費払ってるのに不公平なんじゃないでしょうか?。どういう形で公正抽選してるかも誰も知るよしもないですしね。
当選番号
抽選は、宝くじの公開抽選みたいにすればいいんですよね「自分の申込整理番号出てきたぁー」みたいな。




















さて、お祭りは楽しい一時でもありますが、とある人は言いました。
「どんなに凄い血統の馬でも、どんなに凄い馬体をしてる馬でも、出資が出来なければ・・・」


えにかいたもち
その通りだと思いました。まぁ、私の場合、活躍する馬を見つけられないので(自虐)、希望馬が取れる事はある種の精神安定剤なのですが。
                  たらればシルクDB



※シルクというクラブはお金持ち 高額実績者以外は、ほぼ博打。500口割りの募集なのに、当たる期待値は200口。しかも抽選馬でも最大5口付与とか。良さそうな馬選定しても取れなきゃしょうがない。だからといって妥協して出資すれば未勝利引退の馬、約5割を引く確率は上がる。なので妥協はしたくない。欲しい馬に出資できれば、未勝利引退だろうが本望。それこそ「我が生涯に一片の悔いなーし」です。 クラブ曰く「ノーザンFのいい馬に出資したけりゃ金持ちになりなさい」ってことでしょうけど、そう考えているとしたら「500口クラブの意義なーし」 米本昌史さんと阿部幸也さんには、小林多喜二の小説「蟹工船」読んでもらって、今一度、シルクそのもののあり方を考えて欲しいです。希望馬が1頭も取れない会員は飼い殺しです、ほんとに。それこそ、ばっさり100/200口にするとか、実績制やめてキャロットのようにするとか。まぁ、会社としては全頭満口となり経常利益が前年比で上がればOKでしょうし、ノーザンFの直営クラブだと、先行の老舗キャロットとの味付けを変えるのも難しいのでしょうけど。








<以下自己記録検索用>
第一次募集 出資お申し込み状況(7/26)

7月26日(木)午前10時現在、第一次募集で250口以上のお申込みがあった募集馬は以下の通りです。
なおこれまでに昨年の第一次募集申込総数の約30%のお申込みを頂いております。

<募集スケジュール>
以下の募集馬へご出資を希望されるお客様はなるべく第1次募集期間内にお申込みください。
第一次募集締切日時:書類郵送(新規のお客様含む)7月31日必着、公式ウェブサイト(会員様専用)8月1日17:00まで

◆お申し込み状況◆
募集馬名        総お申込み口数 うち抽選時優先馬口数
12.アイムユアーズの17    875     513
18.アドマイヤセプターの17  584     287
11.ロザリンドの17      405     176
46.タイタンクイーンの17   396     155
54.ディープストーリーの17  391     156
41.シーイズトウショウの17  368     166
62.アンティフォナの17    330      93
25.ウルトラブレンドの17   331      63
47.ベッラレイアの17     310     115
42.ルージュクールの17    276      86
36.リアアントニアの17    267     147
57.レスペランスの17     262      65

※次回の申込状況のご案内は7月31日(火)の18:30よりライブ配信を予定しております募集馬検討会内で予定しております。また、300口を超えるお申し込みをいただきました募集馬の、出資実績の現状のボーダーラインのお問い合わせ等はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。






応援クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment