FC2ブログ

2018年9月1週 出資馬のレース結果

ーーー 9/2(日) ーーー


ノルマンディー キャンディソング
小倉2R 3歳未勝利 ダート 1,000m 結果:6着


クラブコメントないので協議中の模様。卓越したスタート・スピードがある馬でした。芝、千直なら勝ち負けできたのにダートばっか使うからこうなる。あぁ、千里の馬も伯楽合わず・・・


★9/02(日)小倉・3歳未勝利(ダ1000m)富田暁騎手 結果6着
「スタートがもう一つだったためにハナを奪えませんでしたが、向正面は先行集団の後ろで砂を被りながらも怯むことなく走ってくれました。前半に気分良く進められたこともあって、今日は直線に向いてからも止まることなくジリジリと脚を伸ばしていましたが、最後に外から交わされ、優先出走権を逃してしまいました。申し訳ありません」(富田暁騎手)








広尾 パワーバンド
新潟2R 3歳未勝利 ダート 1,200m 結果:13着


出しただけ(笑)


18.9.2<クラブコメント>
やや遅れ気味のスタートになり、後ろから3頭目を追走。レースの流れには乗れたものの、最後は息切れしてしまい、結果13着での入線となっています。
「馬の雰囲気は悪くなかったですし、レースの流れに乗ることができて、競馬のカタチにはなりました。ただ、今回は休み明けでもあり、加減しながらの調教を強いられる分、最後は息切れしてしまいました」(山田騎手)
「何とか間に合い、競馬に使えるところまで持ってくることはできましたが、目一杯に調教ができないこともあって、ラストは脚が上がってしまいました。中間の過程を考えれば、レースの流れには乗れていましたからね。このあと反動がこなければ、まだ前進の余地はあるはずです」(和田勇調教師)
◆半年以上の休み明けですし、脚元への負担を考慮しながらの調整でもありましたので、この太目残り(+8kg)は仕方のないところ。ここを叩いての上積みは見込めるはずですので、あとは反動が少なく済むかどうかにかかってきます。なお、「週明け水曜日あたりに獣医師の総チェックを受け、まずはレース後の状態を確認」(調教師)。その状況に応じて、今後の方向性を判断していく予定になっています。(HTC)







広尾 レイナグラシア
新潟2R 3歳未勝利 ダート 1,800m 結果:8着


勝てると思って現地に向かうも8着。初の口取りはいつになることやら。


まずまずのスタートから、道中は中団の後ろ。今回も外めに持ち出されて直線を迎えましたが、前走ほどの伸びが見られず、結果8着での入線となっています。
「今日はゲートを出てくれましたし、砂を被っても前走ほど嫌がることなく我慢でき、中団からレースを進めることができました。ただ、脚抜きの良い(重)馬場のため、前走よりも道中のペースが速く、スタミナを消耗してしまい、最後は息が上がってしまいました。馬の雰囲気は良く、テンションも煩すぎず大人しすぎず、ちょうど良い感じだっただけに勿体なかったです」(北村宏騎手)
「馬体を減らすことなく出走できたのは良かったですし、ソエも何とか我慢が利きましたが、今日は前が止まってくれなかった上に、脚抜きが良くスピードの出る馬場になったのも合いませんでした。現時点では、もう少し時計がかかって欲しい感じでしょうか。馬っぷりはイイですし、本馬の成長のペースに合わせるようにしっかりとケアしながら進めてあげれば、いずれは500万クラスでも足りそうな馬ですからね。この馬場を走ってきましたので、まずは脚元へのダメージがないことを願います」(高柳瑞調教師)
◆ここで権利が獲れれば中央続戦も考えましたが、「4節のレース間隔ではスーパー未勝利に使えない可能性が高い」(師)ため、このあとはすぐにでも名古屋・角田輝也厩舎に転籍のうえ、「年内2勝を目標に再ファンド(地方出戻り策)による中央再登録をめざし、再出発を図りたい」と考えます。まずはレース後の状態確認に努めてもらい、疲労度などに応じてスケジュールを具体化していく予定です。(HTC)






応援クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Post a comment