FC2ブログ

2018年10月3週 出資馬の出走


ーーー 10/20(土) ーーー


ロード リップグロス
京都1R 2歳未勝利 ダート1,400m 三浦皇成騎手

201810 リップグロス
えっ? ダート使うの? 何故? 足弱いのかなぁ・・・しかも、関西にまで三浦皇成来るし(笑)


2018.10.18
リップグロスは、10月20日(土)京都1R・2歳未勝利・混合・ダート1400mに三浦騎手54kgで出走します。10月17日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.3-69.2-54.9-40.1-12.9 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を通って0秒2先着。短評は「手応え十分」でした。なお、ブリンカーを装着します。発走は10時05分です。
・安田調教師 「10月17日(水)はウッドで。あまり相手が動かなかった分、一応は先着を果たしています。ただ、追い切りは地味。調教の様子を見る限りだと、大きく変わった印象は受けません。今回はダート戦へ。条件替わりで少しでも良い面が出れば・・・
≪調教時計≫
18.10       栗プール 12
18.10.17 助手  栗CW良 86.3 69.2 54.9 40.1 12.9(8)馬なり余力 手応え十分
         ラバーズケープ(2歳新馬)一杯の外0秒2先着








シルク ブレッシングテレサ
京都9R 1000万下(混) 壬生特別 藤岡佑介騎手

20181009 ブレッシングテレサ
もう引退まであと僅か。佑介、G1のつもりで騎乗しろ!


2018/10/18 <所有馬情報>

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:17日にCWコースで時計
次走予定:京都10月20日 壬生特別〔藤岡佑介〕

奥村豊調教師「前走から中1週の競馬となるので、体調を整える程度に抑えて時計を出しました。前走後も状態は変わりありませんし、気持ちの面でも落ち着きを保っています。1,400mでもそれなりに我慢して走ってくれていましたが、そこまでビュっと伸び切れなかったのは最初に力んだ分だと思いますし、1,200mなら流れに乗っていける分、伸びも違ってくるはずです。前回の当日輸送で10kgほど減ってしまいましたが、許容範囲内で収まりましたし、今回も同じぐらいで競馬に臨めるようにレース当日までしっかり調整していきたいと思います」









ーーー 10/21(日) ーーー


シルク ヴェロニカグレース
東京8R 1000万下 芝1,600m 石川裕紀人騎手

20180827 ヴェロニカグレース
ノーザンF産の使い分けで前走は秋華賞トライアルにも出走させてもらえなかったヴェロニカグレース。ハービンジャー産駒は距離延長が得意です。今回も1,600m。土曜8Rの2400mとか、8頭立ての10R 甲斐路S(芝1,800m)に格上挑戦するとか、来週の新潟11R魚沼特別(芝1,800m)の方が良くないですか? しかも今回、8頭立てレースにシルクの馬2頭(インビジブルレイズが関西から出張) 出走させるというお粗末さ。ヴェロニカグレースを勝たせる気があるんでしょうか? 3冠馬誕生はおめでたいことですが、条件戦の馬もしっかり勝てるよう工夫して下さい。クラブも先生も何がしたいんだか、さっぱり分かりません。ほんと、おめでたい。

頑張れ! ヴェロニカグレースちゃん




2018/10/18 <所有馬情報>

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:17日に坂路コースで時計
次走予定:10月21日の東京・芝1,600m〔石川裕紀人〕

武市康男調教師「17日に坂路コースで追い切りを行いました。先週Wコースで併せてしっかりと負荷を掛けていますし、今週はオーバーワークにならないように、単走で終い重点に追い切りを行いましたが、動きに問題はなかったですよ。今回は精神面を重視して調整しているので、馬体は幾分フックラしているかもしれませんが、変にキリキリしたりせずいい精神状態を保てていると思います。調教ではちゃんとコンタクトを取れて走れていますし、今の状態でどんな走りを見せてくれるか期待しています。鞍上は石川裕紀人騎手に依頼しています」






ノルマンディー セレーネワルツ
京都4R 新馬戦(混) 芝1,200m 松山弘平騎手

20180601 セレーネワルツ
初出資のアドマイヤムーン産駒がデビューです。デビューを楽しみにしてました。牡馬混合。牝馬1kg差しかもらえないのねぇ・・・せっかく頭数も少なめで、松山騎手空いてても残念ですが、調教がよくないので普通にどうにもなりません。なんでこんな状態で出走させるんでしょうか? せめてもう少し、坂路で本数使って鍛えてからでしょ? ノルマンディーなのか? 先生なのか? どうして、一生に一回の新馬戦勝ちにこだわらないのでしょうか? やる気のなさを感じてしまいます。開業9年目で17勝止まり。もうこの先生には出資しないでしょう。エージェントとの騎手手配や調教の指示、出走登録なら私だってできます。調教師というのは、各馬の未来予想図を描いて、総合的判断で管理馬を限りなく勝利に導いてあげるお仕事です。資格があって稼げる町医者みたいな調教師って多くないですか?

頑張って! セレーネワルツちゃん




10.18 栗坂路・良 松山 54.4 - 40.5 - 26.5 - 13.0 (一杯に追う)
     トップウイナー(二未勝)馬ナリに0.1秒先行クビ遅れ

10.11 栗CW・良 助手 85.6 - 69.0 - 54.0 - 40.0 - 12.9 (追って一杯)
     ジャックナイフ(古500万)一杯の内0.8秒先行0.6秒遅れ



2018/10/5
10月4日(木)に坂路コースで4ハロン56.5-40.6-26.5-13.3を単走で一杯に追い切りました。「一杯に追い切って、何とか食らいつこうとはしながらも、セレーネワルツ自身いっぱいいっぱい。1本目というのもありますし、これから本数を重ねていくことによりどこまでレベルを上げられるかでしょうね。以前よりも良くなっているのは確かですから、こちらの課すことにも応えていってくれるはずです。飼い葉もしっかり食べてくれているので、その食べた分を鍛えていきながら筋肉に変えていきましょう」(鈴木孝志調教師)


☆10/21(日)京都・2歳新馬(芝1200m・混)松山弘平騎手
15日(月)に坂路コースで4ハロン58.7-42.7-27.3-13.3を単走で馬ナリに追われ、18日(木)にも坂路コースで4ハロンから0.1秒先行して併せ、54.4-40.5-26.5-13.0を一杯に追い切りました。「帰厩からここまでしっかりと負荷をかけた追い切りをおこなってきました。小柄な牝馬で非力な面は否めませんが、それでもこちらの課すことに食らいつこうとしてくれますし、手応えよりも踏ん張ってくれます。気持ちの面での強さがあるのでしょう。いいスピードがありますので、そこが生きるようにまずはスタートを決めてほしいですね。ゲート試験時より上達が見られるのは確かですから」(鈴木孝志調教師)






応援クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Post a comment