FC2ブログ

2019 シルクR 募集馬選定と申込


当日に執筆してたのですが多忙にて時間が取れず完成できず今になってしまいました。ダメダメ一口ブロガーの”もふお”が何に申し込んだか気になる方はご一読下さい。

7/1 17時にシルクRの先行申込が締め切られました。紙媒体の新規申込者がどれくらいいるんでしょうかね? アーモンドアイ、インディチャンプ、ブラストワンピース、グローリーヴェイズなどなど活躍馬が多かったですし、クラブは非常に目立ったので今年もかなり多いんじゃないかと思います。それにしても欲しい馬が取れないのはキリシタン迫害ならぬ 零細会員迫害だよねぇ・・・

さて今年もまだ”もふお”は既存会員。昨年まで3年連続で先行申込馬全外れ。

現3歳に出資馬はいませんが、現2歳は1.5次で3頭も残ってる馬に出資しました。何を隠そうそれは「ティックルゴールドの子供」がシルクに来るかもしれなかったからです。でもこなかった・・・残念無念。まぁ来てもこんな実績じゃ何の役にも立ちませんし取れなかったでしょう。





今年は退会予備軍ではありますが、既存会員の権利行使して先行申込に参加しました(てか既存会員の権利ってなに?) 今年は全馬の動画見てる時間もないので機会式で選別しました。下記表をご覧ください。測尺表です。


ビフォー
2019 シルクR 測尺jpg


まず、管囲19.5cm以下の馬を除外します。  赤棒
次に測尺で小柄だったり400kg以下の馬を除外します。  ピンク棒
次に5000万円以上の高額馬を除外します。  青棒
次に3000万円以上の馬を除外します。  黄棒
そして内国産でない持込・輸入牝馬(次期ノーザンF繁殖牝馬)を除外します。 緑棒




2019 シルクR 募集馬選定 機械式に
アフター



すると、まぁなんということでしょう!
美浦所属11頭、栗東12頭しかいなくなります。

さらにここから出資したい調教師、出資してもいい調教師を選択すると・・・ No. 囲い
申込する馬はおのずと導き出されるのです。

で申込んだお馬さん。










ドラ1 最優先(抽優馬)
ウインフロレゾン18
ウインフロレゾン18  栗東 奥村豊厩舎

ブレッシングテレサの出資者なら当然の結果。3歳の2月に新馬戦を勝ち上がったものの何か嫌なことがあってかその後、全くレースで成績を出せず、2017年の3歳7月には梅田調教師が匙を投げ、奥村豊厩舎に転厩。しかしながら転厩後3戦目で変化を見せ7着すると成績が上がっていきました。私は能力はある馬だと信じていたので、その気持ちに応えてくれるかのように奥村豊厩舎はその馬その馬に合わせ、細やかなで創意工夫を施してくれました。毎回のクラブコメントが先生の人柄を如実に現しています。そして見事、ブレッシングテレサを好走できる馬に再生してくれました。結果は2勝止まりでしたが、私はブレッシングテレサ以降、一口クラブにその名伯楽の名前があれば出資前提で預託募集馬を最重視で検討していました。ロードアクシス(某賢人にブレイクランアウト産駒の気難しさを指摘され見送り)やロードブレス(募集終了迄足元モヤモヤで入厩できず見送り)という自身のセンスのなさで安馬に出資しなかったことを一口馬主初めて以来、最大の後悔をしたことはありません。

そんな厩舎力を持つ奥村豊調教師は一口クラブ期待の若手調教師として頭角を現します。そしてついに今年、1600万円募集のグリューネワルト16ことディアンドルを5連勝で厩舎初の重賞勝ちに導きました。ディアンドルのお陰で全国区での注目厩舎になってしまいましたが、人気で取れなかろうが、そんなお世話になった先生に預託の馬を「最優先(抽優馬)にしなくてどうする!?」という想いです。今年の預託馬であるウインフロレゾン18 はノーザンF or シルクRがその先生の名にあやかってふっかけてきた金額ですが、それでもこの価格ならまだ行けますし、いかなきゃ奥村豊厩舎に失礼という個人的な最終的見解でドラ1としました。勿論、馬自体もハービンジャーの牡で馬格も良く欠点は少なく見えました。






ドラ2
シンプリーディヴァイン18
シンプリーディヴァイン18 美浦 田中博康厩舎

正直、最優先(抽優)の使いどころを悩みました。昨年と同程度であれば中間報告2で100口を割っている募集馬なら取れる可能性が高そうだったからです(抽優変えられるというシステムもなぁ・・・) ですが、ドラ1のウインフロレゾン18で記述した通りなので、ドラ2以降は「当たればラッキーだね」程度。勿論、写真での馬体検討と預託厩舎は重要視しています。で、シンプリーディヴァイン18。単純に父エイシンヒカリの血統に可能性を感じていたからです。2018年の種付け頭数は82頭ですが、ディープインパクトの昇天で需要が増えそうな気がします。








ドラ3〜ドラ5
ガルデルスリール18
ガルデルスリール18 美浦 栗田徹厩舎

ドラ2以降は「当たればラッキーだね」程度。安くて馬体が好みな募集馬をセレクト。ホープの栗田徹厩舎力に期待。馬体が良く見えるのは母父であるダイワメジャー産駒の面影が見え隠れ・・・








ドラ3〜ドラ5
ビジュートウショウ18
ビジュートウショウ18 美浦 武井亮厩舎

ドラ2以降は「当たればラッキーだね」程度。安くて馬体が好みな募集馬をセレクト。厩舎力に期待。ディープブリランテ産駒は相性が悪くてこりごりなんですが、顔もいい(笑)









ロマン枠
プチノワール18
プチノワール18 美浦 新規開業

まさかの除外のはずの高額馬を指名してたりして(笑) 本気でシルクRで取りたいのならもう少し多く申込みしてもいいのですが、諸事情でこの頭数でいいかなと。ボシンシェの18は相当悩みました。ただ兄が4万円であの活躍で、全弟に募集価格からその2倍の活躍を期待するのも酷かなと思い、同じ価格ならロマン枠(1発逆転枠ともいう)でと申込み。言わずもがなG1馬ローブティサージュの下。ロードカナロア産駒のブランノワールが3500万円なのに対しハーツクライで4000万円! 兄には”もふお”の出資馬である募集価格5000万円だったステイオンザトップ。プチノワール18にいったのは、やっとプチノワールの産駒が騎手の助言にも耳をかさないような頑固で意固地な性格の須貝調教師の預託じゃなくなったから。新規開業ということでクラブにお伺したところ国枝先生の調教助手だった元ノーザンF?の宮田敬介調教師への預託とのこと。新規開業でも須貝調教師じゃなきゃ大歓迎(笑) これならG13勝だって有りうる(妄想) 兄の無念(出資金)を返してもらうための1発逆転枠(笑)


その他、測尺選定票で消えなかった馬や中間発表でLISTに上がらなかった中にも気になる馬もいましたが、通常募集で余ってたら行けばいいかな程度に考えました。今年のシルクRの募集馬には、この1頭だけでも欲しいと思えたウィルパワー15ことインディチャンプや昨年のサロミナ17ことサリオスのような衝撃的な馬体の馬は私には見つけられませんでした。毎年、重賞勝馬やG1勝馬もいることでしょう。でもなんとなく私の目には例年より小粒に映りました。この後、キャロットもロードもありますしね。










2019 シルクR 申込馬

2 Comments

Sun
2019.08.04
02:59

もふお  

Re: タイトルなし

レプティリアさん、こんばんは

奇遇ですね、プチノワール申込みご一緒なんですね。
意外と人気なかった気がします。

レプティリアさんは3頭の申込みと意外と少なかったですね。
やはりキャロット既存会員の余裕ですかね(笑)

私の場合、最優先当たればシルクRを継続ぐらいの感じですね。

2019/08/04 (Sun) 02:59 | REPLY |   
Sat
2019.08.03
12:46

レプティリア  

もふおさん、こんにちは^^

ウインフロレゾンね、僕も悩みました(^-^;
奥村豊厩舎と西村厩舎は注目していたので、最初は申し込もうかと思ってました。
牡馬だし。でも抽優はもうパーフェクトマッチと決めていたので、一般で獲れなさそうな雰囲気だったので諦めました(-_-;)
代わりに関東で唯一信頼できる手塚厩舎に行ってみました(^^ゞ
プチノワールも未知ですが、そういう期待をこめて新規厩舎に託しましたしね(^^)/
天栄と連携を取るのは当然ですが、決してキムテツのようにならないでもらいたいと思います(一人一)
ご一緒できることを願っています!(^^♪

2019/08/03 (Sat) 12:46 | REPLY |   

Post a comment