FC2ブログ

キャロット先行申込締切日の前日に少し現実逃避したら・・・


去る9/11、キャロット募集馬の締切り前日に選考が億劫になり、ブレイク中にちょっと現実逃避しまして、文字打ってたら記事が出来上がったのでUPしときます。

近年、BS系のアニメを鑑賞するようになりました。かなり前だと”ベルセルク”と"ジョジョの奇妙な冒険”のアニメ化からハマり出しました。”ベルセルク”
ベルセルク2
古くは”風魔の小次郎”や”北斗の拳”、”聖闘士星矢”などを楽しんだ世代には堪らないバカ型漫画の典型です。ファンタジー戦闘ものや神話好きにはたまらない白泉社の「ヤングアニマル」連載中の三浦建太郎氏による漫画が原作のアニメ化です。初のTVアニメ化は1997年でしたが、2012年の黄金時代篇以降はクオリティーも格段にあがりいいできでした。



"ジョジョの奇妙な冒険”
JOJO.jpg
多くを語らずとも1980年代の黄金期の少年ジャンプの連載漫画で、かの手塚治虫氏が生前に審査員だった頃の最後の手塚賞を受賞し、デビューしたのが作者である荒木飛呂彦先生。各地でJOJO展が開催されるほど今でも潜在的なファンがいます。私もその一人です。





都心に住んでいた頃は深夜放送でアニメ枠ノイタミナなどがあってTVつけてたら何気に見てた気がしますが、地方に移ったらキー局のように全部放送してないみたいで数年遅れてからのBSでの放送を観てたりします。ここのところのお気に入りはというと、
だんまち
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか II」


SBクリエイティブ社が刊行するライトノベル系の文庫レーベルのアニメ化で、シリーズ累計900万部も売れてるみたいで凄いですね。ストーリーはRPGそのもの。ちなみに”もふお”は線描画ダンジョンは苦手なんだよねー。

主役のベル・クラネル君やヘスティア様ではなく
アイズ
その美貌と剣豪とのギャップがたまらない、アイズ・ヴァレンタイン様見たさな気がするのは私だけでしょうか(笑)




次に、
桜島麻衣
「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」

鴨志田一氏によるライトノベルで電撃文庫(KADOKAWA)より刊行。女の子のセリフ攻めがたまらない純ラブコメといったところでしょうか。溝口ケージ氏による原作イラスト、田村里美氏のアニメ化のキャラデザが素晴らしい。こんな美系に囲まれたスクールライフなんて現実にあるんでしょうか?(笑) 世代的には往年のラブコメ、金井たつお氏の「いずみちゃんグラフィティー」や高橋留美子氏の大ヒット作「うる星やつら」「めぞん一刻」、まつもと泉氏の「気まぐれオレンジロード」にも通ずるものがあり、一気にファンになりました。近頃の販売戦略基準なのかANIPLEX+のように本編にはないエロ工作商法もないですし(笑)




そして、



冴え彼 加藤
冴え彼 詩羽
「冴えない彼女の育てかた」
「冴えない彼女の育てかた ♭」


丸戸史明氏によるライトノベルが原作で富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA)より刊行。イラストレーター深崎暮人氏によるキャラデザは秀逸でいわゆる少女萌え系?アニメに興味が湧かなかった”もふお”ですら虜にしてしまった作品。調べてみたところ、影響を受けた作家があの美樹本晴彦氏というのだから納得(笑) それにしてもその漫画やアニメが好きだと3Dグッズに手を出してしまうのは、そうそう、競馬が好きで一口馬主を始めるのに似ているかもしれません。どっちみち人間失格。

それにしても、


















詩羽フィギュア
こんなのとか・・・

加藤 抱き枕ver
こんなのとか・・・
本編にはないエロ工作商法でファン心をくすぐるのはやめてくれ!
取り敢えずメルカリ&ヤフオクで相場チェックしとく(笑)

それにしてもANIPLEX+などによる本編にはないエロ工作商法に手を出したら「フィギュアやめますか? それとも人間やめますか?」みたいな(昭和人しかわからないか?)


挙げ句の果てには・・・
加藤恵 等身大フィギュア

これ、オータムセールで馬、買える価格やん(笑)
プレミアつくのはこっちだけどねぇ。馬主のような人は抽選通れば買えるんだよねー






応援クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Post a comment