FC2ブログ

さあ、一口馬主のドーパミンが分泌されるこの時期がやって来ました! ?


ノルマンディーやロードなどまだいくつかのクラブでは2歳馬の募集も続いていますが、なんか選定のモチベーションも上がらず追加募集もスルーするまま。個人的には新型コロナ対策の影響でJRAの無観客競馬が続き、競馬場に足を運んで雰囲気を味わったり愛馬を応援観戦できないことなどが、一口馬主としてモチベーションを無くす大きな原因ではありましたが、それはなんとなく次点な気もしています。最も大きな要因はもしかすると出資馬であるデアリングタクトがG1 桜花賞・オークスを制覇したことで・・・



燃え尽きた・・・





現4歳、3歳馬たちへの出資に大攻勢をかけ、たまたま運良く、その中の1頭からひとつの目標であった牝馬クラシックG1を制覇。その結果、一口馬主として燃え尽きた感があります。

さて、この時期になると否が応でも加入クラブから1歳馬の募集カタログが到着する時期となりました。昨年迄は、毎年最初に募集馬が発表される社台、サンデーRなどに特別入会してカタログを頂いてたりしたのですが、今年はそれもうっかり忘れてました。またユニオンや東サラ、シルクRからも順にパンフが到着してもすぐに検討に入ることはなく、先行応募すらスルーしてしまっていましたし、多くのクラブの退会時期を検討していたりしました。いづれはやってくるであろう、一口馬主の終活も考えなくてはいけませんしね。

ですが、クラブから送られて来た封筒を開封し、ちらっとパンフを捲るとやがてDVD動画が見たくなったりして、ドーパミンが分泌されてやる気が出てきて、ついつい選定モードに入ってしまうのが、一口馬主を嗜んだ者の悲しい性ですかね(笑)







応援クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Post a comment