ノルマンディー 2022 四次募集馬 ○外 ノーブルロジャー(Noble Ready 21) 早期デビューでなんと新馬戦勝ちも敢えて陣営に物申す


はい。5月生まれのノルマンディー四次募集馬の◯外 ノーブルロジャー(Noble Ready'21) が、まさかの早期デビュー。恐らく過去、出資してから最短でのデビューでした。そして、なんと新馬戦勝ちをしてしまいました。

石川裕紀人騎手、関係者の皆様、ありがとうございました。出資者の皆様、おめでとうございました。

20231112 ノーブルロジャー新馬戦

名前も覚えやすいですし、略称しやすい。これからは『のぶろう!ノブロー!』で応援絶叫しますね。


さて、レースを振り返ります。
ノーブルロジャー 新馬戦1
ゲート、スタートも絶好。

ノーブルロジャー 新馬戦2
で、2番手のポジションにつけ、新馬らしからぬ様子で全くかかる様子もありません。こうなると血統的にスピード持続力(スタミナ)があるかどうか?

ノーブルロジャー 新馬戦3
4コーナー回って直線に入っても石川騎手の手は動いてません。相手が追い出すのを待つ、いわゆる「もったまま」往年の岡部式(笑)

ノーブルロジャー 新馬戦5
直線残り400mを切ったあたりから、並走するシーゲルとの一騎打ちの様相で石川騎手がGOサイン。手綱を扱き始めます。

ノーブルロジャー 新馬戦6
見事、1着でゴール。鞭を使わずして2着馬に1 3/4の着差となかなかなもの。

このレース内容で好感がもてたのは、スタートの良さ、スピードもさることながら新馬とは思えぬ素直で落ち着いた性格。そして、デビュー当初、出資馬に騎乗してもらう機会が結構あった石川騎手。その頃は違うよなぁ、イマイチだなぁと思う騎乗が多々あったのだが、昨年、G1ジョッキ一となった石川騎手の一皮剥けた落ち着いた騎乗ぶり。特によかったと思ったのが、一流外国人騎手、ことR・ムーアに憧れている石川騎手が「R・ムーアが新馬戦で騎乗した馬が、その後、活躍するのは新馬戦から馬にレースを辞めさせないよう最後までしっかり追っている」というしつけのお手本を真似たかなのような騎乗。

このレース内容なら、芝2,000mまでは適性範囲だと思うのですが・・・




=======================================================
2023/11/12 (東京競馬場)馬体重:476kg
★11/12(日)東京・2歳新馬(芝1600m・混)石川裕紀人騎手 結果:優勝

「レース前に先生と担当の方から、大人しくて癖がないとは聞いていたのですが、本当にその通りでしたね。跨ってからゴールするまで何も注文付けるところがなかったですし、レースでも折り合いは付いてコントロール性に優れている。ややピッチ走法なのでダートも合うでしょうし、いろいろと吸収しながら、距離や適性など幅広く試してみていいくらい可能性を感じさせる馬。ポテンシャルだけでなく将来性も高いと思います」(石川裕紀人騎手)
=======================================================
=======================================================
2023/11/17 (チャンピオンヒルズ)
★11/12(日)東京・2歳新馬(芝1600m・混)石川裕紀人騎手 結果:優勝
この後はトレセン近郊のチャンピオンヒルズで調整することになり、16日(木)に移動しました。

「調教でも最初からよく動けていましたが、なにより気性が競馬向きですよね。素直でスピードがあって、スローでも上手に折り合ってくれる。デビュー戦の内容も言うことありません。トレーニングセール出身の外国産馬で、もちろん完成度は高いのでしょうが、5月生まれでまだ伸びしろも大きいはず。ゲート試験からここまで短期間で進めてきましたので、この後は一息入れてやって、年明け1/08(月)京都・シンザン記念(G3・芝1600m)を目標にしていきましょう。そこで好勝負できるようなら、来春の目標が定まりますし、またしっかり調整していければと思います」(吉岡辰弥調教師)
=======================================================


勝ったから敢えて苦言を呈すと「大人しくて癖がない」「かかりグセがない」「距離や適性など幅広く試してみていいくらい可能性を感じさせる」馬なのに、次走もマイル戦を予定。このあたりの感覚が新興クラブ&若手調教師だなぁと思う所以。藤沢調教師や角居調教師、国枝調教師、友道調教師あたりなら間違いなく、この逸材を牡馬クラシック、皐月賞/ダービーを目指すための逆算をしていくと思うのだけれども。ノルマンディーでも芝レースをこなす稀有で走りそうな牡馬。貴重な原石になりそうなのですから、2歳G1、朝日杯/ホープルSを使わない、使えない理由があるなら、距離延長を試しながら春の皐月賞/ダービーを目指して欲しいのだが、次走も1,600mのシンザン記念では中距離のクラシックへほど遠い過程。






応援クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
にほんブログ村
関連記事

2 Comments

Sun
2023.12.31
23:13

もふお  

ロイス様

諸事あってブログにもログインしておらず、確認、返信が遅くなりました。

ノーブルロジャーの新馬勝ちの言祝ぎ、誠にありがとうございます。
個人的にはノーブルロジャーは、朝日杯の勝ち馬ジャンタルマンタルと同じ父Palace Maliceですが、明らかに適性のタイプが違う気がするので、皐月賞に向かって欲しい逸材だと思うのですが、何故か?シンザン記念だそうです。父Palace Maliceも日本に種牡馬として導入されることになりました。良きことですが、購入はダーレー・・・何故、岡田=レックススタッドでないのかは、水面下での交渉負けでしょう。

「そいうえばノルマンディーはクラシック登録していない馬が多いので・・・」
今更ですが、知りませんでした。

今年のノルマンの2歳の新馬勝ちは過去、例をみない程の勝ち上がり頭数がいますので、楽しみですね。


2023/12/31 (Sun) 23:13 | REPLY |   
Tue
2023.12.05
18:41

ロイス  

もふお様、こんばんは!

大変遅くなりましたが、ノーブルロジャーの新馬勝ち、おめでとうございます。
またこの先に大きな期待を持てる勝ち方でしたね。
やはり希望としてはクラシックに向かってほしいですよね。
1Cでもいいから2000mあたりを試して結果次第でトライアルに挑戦して、それでもだめならマイル路線でもいいかなと思います。

そいうえばノルマンディーはクラシック登録していない馬が多いので・・・

2023/12/05 (Tue) 18:41 | REPLY |   

Post a comment